決済代行会社徹底比較サイト » 【特集】クレジットカード決済の審査に通りにくい業種・商材とは?

【特集】クレジットカード決済の審査に通りにくい業種・商材とは?

ここではクレジットカード決済の審査に通りづらいといわれている業種・商材について解説しています。決済代行会社の選び方についてもまとめました。

そもそも決済代行に審査がある理由

クレジットカードが信用取引で、支払い能力があるか確認する意味で審査がありますが、決済代行の導入を検討する事業者に対しても同様の審査があります。

仮に支払い能力がないまま決済代行を行い、倒産などがあった場合にリスクを負うのは決済代行会社です。ここで損失を生まないためにも、審査が必要になるのが理由です。

主な審査項目

ここでは、審査の際に見られることが多い項目を挙げます。すべての決済代行会社においてこの限りではなく、また対象となるサービスによって審査項目は変わることがあります。実際の審査項目については各決済代行会社に問い合わせてみるのがよいでしょう。

  • 特定商取引法に関する記述がある
  • 許可が必要な商品・サービスについて許可を得ていると分かる番号等がある
  • 禁止されている商品を売買していないこと
  • 決済手数料を購入者に負担させていない

審査に通りにくい業種・商材一覧

小規模事業、スタートアップ事業

小規模事業やスタートアップ事業は、多くの収益が欲しいため、支払方法として一般的なクレジット決済はどうしても導入したいところ。しかしクレジット決済を導入するにも審査が必要で、小規模事業やスタートアップ事業などの審査は厳しいことが多いのです。

審査の厳しい理由や小規模事業、スタートアップ事業でもクレジットカード決済を導入する方法を掲載しているので、事業においてクレジットカード決済を導入予定の方はぜひご覧下さい。

小規模事業、スタートアップ事業のクレジット決済について詳しく

特定継続的役務

特定継続的役務と呼ばれる、効果が明確ではないサービスを提供している業種では、クレジット決済の導入に伴う審査が通りにくいケースが多々あります。

以前は、詐欺まがいなトラブルが頻繁に発生していました。しかし、カード会社はこれだけでは審査を厳しくしません。ではクレジットカード会社が審査を通りにくくした理由とは何なのでしょうか。

審査が厳しくなった経緯や、特定継続的役務でもクレジットカード決済を導入できる方法をまとめました。

特定継続的役務のクレジット決済について詳しく

エステサロン

エステサロンはマッサージによって心身の疲れを癒してくれるので、多くの人に利用されています。

お客様としては、クレジットカード決済が利用できれば非常に便利になるでしょう。エステサロン側もお客様の意向を尊重して導入したいのですが、クレジットカード決済の審査が通りにくいため、導入できないという問題があります。

審査に通りにくい理由から、審査を通るようにするための方法まで紹介しているので、導入を考えている経営者の方はぜひご覧下さい。

エステサロンのクレジット決済について詳しく

美容医療クリニック

クリニックのため、一般的には信用度が高いと思われがちな美容医療クリニック。しかし、クレジットカード決済を導入する場合は審査で落とされるケースが多いようです。高額なやり取りが多いので、患者さん側としてはカード払いがあると嬉しいのですが、導入が難しいのが現状。しかし、審査に通るのが難しいというだけでできないわけではありません。

クレジットカード決済を導入するために必要な方法をまとめたので、ぜひチェックしてみて下さい。

美容医療クリニックのクレジット決済について詳しく

語学教室

語学教室は入会金や会費などが高額なケースが多く、クレジットカード決済があれば分割支払いができるので利用者は便利です。支払方法が多ければ、利用者が増える要因が多くなるので、教室側も導入したいのが本音です。しかし、審査が厳しく導入できないケースが多いのです。では、どうしてクレジットカード決済が導入できないのでしょうか。

審査が厳しい理由や、語学教室でカード決済を導入するためのポイントを知りたい方はご一読下さい。

語学教室のクレジット決済について詳しく

家庭教師

家庭教師は1回にかかる料金が高額なケースが多く、クレジットカード決済が可能であれば大きな強みになります。そのため、導入したい企業や個人が多い業種です。しかし家庭教師はクレジットカード決済の審査が通りにくく、導入は難しいと言われています。

審査が通りにくい理由や、家庭教師でもクレジットカード決済を導入できる方法を大紹介。クレジットカード決済を導入したい方はぜひ参考にして、ライバルとなる業者に差をつけて下さい。

家庭教師のクレジット決済について詳しく

学習塾

学習塾はクレジットカード決済を求める声があるにもかかわらず、いまだに現金支払いが多いのが現状です。学習塾側が導入したくても、審査に通りづらいという理由があります。成績という目に見える結果があるにもかかわらず、審査が通りにくいのはなぜなのでしょうか。

学習塾が審査に通りにくい理由や、学習塾でもクレジットカード決済を実現するための方法をまとめています。今まであきらめていた方も一度確認してみて下さい。

学習塾のクレジット決済について詳しく

パソコン教室

IT化が進み、年々需要を増しているパソコン教室。老若男女問わず利用者が増えています。そんなパソコン教室は、月謝が高額となるケースが多いのですが、クレジットカード決済の導入がしづらいという特徴があります。利用者は一括で支払う必要があるので、とても不便です。教室側としても利用者数が伸び悩む原因となっています。

パソコン教室の審査が通りにくい理由と、審査を通しやすくするための裏技をご紹介しています。ぜひご覧下さい。

パソコン教室のクレジット決済について詳しく

結婚相手紹介サービス

昨今の婚活ブームの波に乗り、結婚相手紹介サービスを提供している事業所は数を増やしました。需要が急激に増えているサービスですが、入会金や年会費は高額な場合が多く、一括での支払いが難しい方も多いです。クレジットカード決済ができればいいのですが、結婚相手紹介サービスは導入に伴う審査に通りにくいという特徴があります。

審査の厳しい理由や、審査を通りやすくする方法などを紹介しているので、利用者数を増やしたいと考えている担当者の方はぜひご覧下さい。

結婚相手紹介サービスのクレジット決済について詳しく

アダルト向け商材

アダルト向け商材は、安定した売り上げがあるにもかかわらず、クレジット決済ができないことが多い商材です。パソコンやスマホから購入する際には、クレジット決済を選ぶ方が圧倒的に多く、販売業者も導入したいと考えていることが多いでしょう。しかし審査の通過どころか、審査自体を断られるケースもあります。

アダルト向け商材がクレジット決済が導入しづらい原因や導入するためのコツをまとめたので、ぜひチェックして売り上げアップを目指して下さい。

アダルト向け商材のクレジット決済について詳しく

情報商材

情報商材は、パソコンやスマホなどで注文から決済まで完結できることが理想です。しかし一番利用頻度が高いと予想される、クレジットカード決済の導入に伴う審査が通りづらいという問題があります。情報商材は、物品が無いので消費者とのトラブルが起きやすいのが現状です。トラブルの発生頻度が審査に影響しているのでしょうか。

情報商材の販売にクレジットカード決済を導入するための方法や、審査が厳しい理由を紹介しています。

情報商材のクレジット決済について詳しく

審査に通りにくい理由とは?

特定継続的役務提供の対象になっているから

特定継続的役務提供の対象となると、飲食業や販売業に比べてサービスの効果が明確でないと判断され、審査に通りにくくなります。

特定継続的役務提供とは、顧客の目的実現が確実に行なわれない可能性のあるサービスを、有償で提供している業種のことです。エステサロンや進学塾、語学教育などがこれに該当します。クレジットカード会社は、効果が明確でない業種の診査に消極的です。実績を数字で判断できないため、資金計画が立てられないことが大きな理由でしょう。

クーリングオフによる損失のリスクがあるから

クーリングオフや中途解約は不払いという事態を起こし、カード会社は資金回収ができなくなります。そのため、損失リスクが高い業種は審査が通りづらいのです。クーリングオフや中途解約は消費者保護として法律で認められており、発生した際にはカード会社は支払いを拒否することができません。カード会社にとってこれは大きな損失となるので、事前のリスク回避として審査を通りにくくし、信用度の高い相手と契約するようにしているのです。

審査が厳しい

カード会社は、資金回収が困難な業種に対して審査を厳しくしています。一定の売り上げが見込めなかったり、資金回収が不安定だったりすると厳しい審査基準を適用。またクレジットカードを利用した詐欺が横行したため、これまで難なく導入できた業種に関しても審査が厳しくなりました。

所在地が歌舞伎町や六本木、すすきの、中洲、吉原などの風俗店の多い場所に位置していると、審査自体が断られるケースもあります。

個別契約には多大なコストがかかる

ECサイトや営業所、店舗などを個別で契約するケースでは、カード会社の導入コストが増えるので審査が通りづらくなります。

カード会社は、購入に使用する機器やECサイトへのリンクを設置しますが、これは1件ごとに設置することが多く、管理も契約ごとがほとんどです。そのため、件数が増えると人件費や機材運搬費は、相対的に増えてカード会社の負担になります。

カード会社としても無駄な費用は使いたくないので、今までの契約履歴を確認し、個別契約が多いと判断されると審査が通らなくなるのです。

結論

もちろんこれらの業種でもクレジットカード決済を導入している会社や個人はたくさんいます。そのためには、依頼する決済代行会社をきちんと見極めるのが大切。スムーズにクレジットカード決済を導入するための1番の秘訣といっても過言ではないでしょう。スムーズに進めば、最短即日でクレジットカード決済を導入することができる場合もあるようです。

決済の方法には、国内決済と海外決済の2つの種類があります。国内決済は国内の法律に従って審査を行うため、上記のような業種は、審査に通りづらいのです。

ずばり、審査が通りやすいのは海外決済。海外のクレジットカード会社と契約しているため、国内の規制にとらわれることなく、国内決済では審査が落ちてしまったという方でも、導入できる可能性があります。

つまり海外決済を行っている代行会社なら、審査に通りづらい業種でも安心して任せられるというわけなんですね。さらに、セキュリティや実績から信頼できる決済代行会社を選ぶべきといえるでしょう。

おすすめ決済代行会社

海外決済でも実績・セキュリティで安心のマックスコネクト

マックスコネクトは、クレジットカード決済に特化している決済代行会社です。シンガポールでの設立から、10年以上の実績があり、海外決済が可能なため特定継続的役務の提供を行っている会社にも支持されています。

クレジットカード決済情報の保護、処理、伝送に関係している、全ての決済システムにおいて、国際基準の最新バージョンである「PCIDSS Ver.3.2」への完全準拠が認められています。

これはマックスコネクトの決済システムが国際的なセキュリティ水準に達していることの証明。安全性の高い決済システムを提供しています。

また導入スピードやサポート力にも定評があります。審査のスピードはとても早く、最短即日で審査が完了します。サポート体勢も整っているため、クレジット決済の導入が初めてという方でも安心して依頼できそうです。

マックスコネクトの会社情報

公式HPで詳細を見る

会社名 マックスコネクト株式会社
本社所在地 東京都中央区東日本橋3-12-11 アヅマビル9階
対応決済 クレジットカード決済に特化(WEB決済/モバイル決済/カードリーダー決済/Eメール決済)
対応カード 三井住友カード/アメックス(アメリカン·エクスプレス)/ダイナース(シティカードジャパン)/DCカード/UFJカード/UC(ユーシー)カード/ジャックス(JACCS)/イオンカード/セントラルファイナンス/OMC(オーエムシー)カード/楽天KC/セゾン(クレディセゾン)カード/ライフカードなど
セキュリティ SSL通信
PCIDSS Ver.3.2準拠
3D セキュア決済対応
グループ会社 MAXCONNECT SINGAPORE Pte,Ltd.
DISCOVER ENTERPRISE Sdn. Bhd.

導入事例

ショッピングサイトを運営している会社

一度決済したお客様は2回目以降クレジットカード情報を入力する手間が省けるので商品の購入がスムーズです。クレジット決済が完了した後にお客様へ送られるメールに、新商品の案内を追加してさらなる購買欲アップにつなげています。

学習塾を運営

地方で学習塾を開いています。導入前は、月謝として現金を手渡しで回収していましたが、サービスを導入してからその手間がなくなりました。送金手数料や銀行に出向く手間を考えると、カード決済が便利という親御さんが多いようです。

公式HPから問い合わせ・資料請求する

審査が厳しい!?クレジットカード決済を導入するならこちら

審査が厳しい!?クレジットカード決済を導入するならこちら

ページの先頭へ