決済代行会社徹底比較サイト » 決済サービス別に知る!導入するメリット・デメリット » QRコード決済

QRコード決済

かんたんに決済できるサービスとして近年急速に普及しているQRコード決済。特徴や導入すべき業種、QRコード決済を提供している決済代行会社をまとめました。

QRコード決済とは?

QRコード決済とはスマホでQRコードを読み取り、そのまま決済手続きに進めるサービスです。2010年の法改正によって銀行だけでなく個人間でも送金業務を行なえるようになったことやスマホの普及により、QRコード決済は活躍の幅を急速に拡大しつつあります。QRコードをスマホで読み取り、すぐにオンライン上で決済ができる手軽さが魅力と言えるでしょう。

QRコード決済が最も盛んに行なわれているのが中国です。中国は人口が多く現金支払いだと時間がかかることや偽札の流通、コストの点から小売店のクレジットカード読み取り端末の普及が進まないなどさまざまな社会的問題を抱えていました。専用の端末の導入が必要なく、オンライン上で決済できるQRコード決済システムは中国のニーズにフィットし、QRコード決済が爆発的に浸透していったのです。

最近では日本へ訪れる中国人の観光客が増加。また中国は人口が多く、その巨大な市場をうまく利用すれば容易に企業の収益アップにつなげることも可能です。日本は現金主義が根強く、QRコード決済の普及が遅れているのが現状。しかしQRコード決済を導入することで、中国人の顧客を呼び込もうとしている国内企業が徐々に増加しています。手軽に決済できるQRコード決済は、日本でもこれから急速に広がっていくでしょう。

QRコード決済を導入すべき業種とは?

日本を訪れる観光客向けにビジネスをしている方なら、他の決済サービスよりQRコード決済の導入を検討するのがベターです。観光施設はもちろんのこと、中国人観光客によく利用されている宿泊施設や小売店、飲食店など幅広い業種がQRコード決済の導入で売り上げアップを目指すことができます。

日本は現金を使わずに決済を行なうキャッシュレス化が遅れており、店頭で現金支払いしかできないケースが多く訪日外国人が買い物の際に不便さを感じています。そのため取り扱っている品やサービス、宣伝方法を変えなくても決済方法を充実させれば利用者が増えるのは自然の流れだと言えます。

不特定多数の人が利用できるECサイトでも、QRコード決済が利用されています。QRコード決済はクレジットカードを持っていなくても利用できるため、決済までのハードルを下げられ、国内外の利用者の獲得が期待できます。

QRコード決済のシェア率

QRコード決済は中国で最も普及しており、そのシェア率は2017年時点で98%。日本やアメリカでは中国に比べて普及が遅れており、同年のシェア率はそれぞれ6%、5%にとどまっています。しかし世界全体のQRコード決済取引額は年々増加しており、日本でも若い世代では利用率が上昇。これからシェアを伸ばしていくことが予想されます。

QRコード決済に対応している決済代行会社とは?

QRコード決済に対応しているおすすめの決済代行会社を5社ピックアップしました。

マックスコネクト

マックスコネクトはアジア向け決済に力を入れている決済代行会社です。世界一の消費市場中国は、6割をはるかに超えるキャッシュレス社会。マックスコネクトの決済代行サービスを利用する加盟店が巨大なアジアの市場をうまく活用できるよう、WeChatPay・AlypayなどのQRコード決済や銀聯カード決済といったアジア向け決済を充実させています。

マックスコネクトの公式サイトはこちら

ペイジェント

QRコード決済のうち、楽天payに対応しているペイジェント。利用するたびに楽天スーパーポイントがたまるのが魅力です。QRコード決済以外にもスマートフォンキャリア決済に注力しており、簡単な決済が強み。「自動継続課金」に対応しているため、継続的に発生する支出の再入力の手間が省けます。

ペイジェントの公式サイトはこちら

アナザーレーン

2万件以上の契約実績を持つアナザーレーン。豊富なラインナップでQRコード決済をはじめさまざまな決済方法に対応しています。そのためニーズに応じて柔軟な対応ができ、1日~という超短期導入も可能。イベントで一時的に決済代行を利用したい場合でも利用できるのが魅力です。分割払いや海外イベントにも対応しており、柔軟性ではピカイチ。

アナザーレーンの公式サイトはこちら

ユニヴァペイキャスト

QRコード決済をはじめ、中国人向け店頭決済や越境EC決済など外国人の決済を対象としたサービスを提供しているユニヴァペイキャスト。決済代行以外にも、Webマーケティングツールやオフィスで使用できるさまざまなシステムの開発を行なっています。決済に関することだけでなく、さまざまな企業の問題を相談できるのが特徴です。

ユニヴァペイキャストの公式サイトはこちら

ベリトランス

ベリトランスはPOSシステム(販売時点情報管理)を展開する東芝テックと業務提携し、多種多様な決済機能を充実させています。2018年春にはドコモと連携したQRコード決済であるd払いの提供を開始し、これまで対応していたバーコード決済から対応範囲を拡大。利用者の幅広いニーズに対応できるよう、常に決済方法の対応範囲拡充を図っています。

ベリトランスの公式サイトはこちら

審査が厳しい!?クレジットカード決済を導入するならこちら

審査が厳しい!?クレジットカード決済を導入するならこちら

ページの先頭へ