大手決済代行5社のサービス比較ナビ
大手決済代行5社のサービス比較ナビ

ECサイトの売上アップにつながる決済代行を選ぶ

  • トップページ
  • 決済代行の導入・見直しポイント
  • おすすめ決済代行会社のサービス一覧
  • クレジットカード決済代行の基礎知識
  • コンビニ決済代行の基礎知識
決済代行サービス比較ランキング HOME » 決済代行に関するQ&A » スマホ決済代行

おすすめ決済代行サービスを大比較

『大手決済代行5社のサービス比較ナビ』は、
評判の高い大手決済代行会社のサービスを、
客観的に比較しています。
各社の特徴を見比べて、顧客のニーズに
しっかり対応できるサービスの導入に
役立ててください。

決済代行会社の総合ランキング

スマホ決済代行

決算代行サービスを導入する人は、スマートフォンに対応した決済システムに注目!スマホで簡単に決済ができると、よりスムーズな取引が実現できます。ここでは、スマホ決済によくある質問をQ&Aで紹介します。

Q.スマホ決済代行はどのようなものですか?

A.スマホ決済代行は、キャリア決済とも言います。

スマホ決済代行の画像その方法は、キャリア(通信事業者)を通じての支払いや、端末からクレジットカード会社の決済に変化するものがあります。

例えば、ペイジェントが提供する「スマートフォンキャリア決済」は、ドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が支払を代行し、端末の利用料金と一緒に徴収する仕組みです。

代行会社は、キャリアと提携して取引を行います。つまり、事業者と決済代行会社、キャリア(通信事業者)とユーザーがそれぞれ手続きを行うことにより、ユーザーからの支払いを事業者のもとに伝えるのです。

キャリアごとに決済方法を見ていくと、ドコモは決済画面に切換後、パスワードの入力、確認の2画面で決済が完了します。最大限度額は99,999円、毎月の利用限度額は10,000円~30,000円に設定しています。

auはさらに簡単になり、パスワードの入力のみで決済が完了します。最大限度額は50,000円と少ないものの、毎月の限度額も50,000円まで利用することが可能です。

ソフトバンクは、パスワードを入力後、セキュリティコードを入力すると購入まで進むことができます。ドコモと同じ2画面の切換で支払いが完了するのです。その利用限度額は100,000円まで、月々の利用限度額は1,000~100,000円と細分化されています。

いずれにしても、月額でかかる携帯電話の使用料に上乗せされて支払うことができるのです。決済までの手続きが楽なこともあり、多くの人に利用されています。今後、さらにスマートフォンが普及するにつれて活発に行われていくでしょう。

Q.どのような決済代行会社でスマホ決済を導入できますか?

A.スマホを使った決済は、多くの決済代行会社が行っています。

先ほど例に出したペイジェントや、アプリを通じてクレジットカード払いができるGMOペイメントゲートウェイ、イーコンテクストは、スマホ決済専用の支払画面を取り入れています。他にも、スマホ決済が簡単になったウェルネットなどで利用することができます。

クレジットカード払いをスマホから行う場合も、一度カード番号やパスワードを入力すれば、支払いの度に入力する必要はありません。ユーザーの使いやすさを考えてシステムを導入すれば、いつでも、どこでも商品を購入できます。このため、スマホ決済での取引はたいへん注目されており、今後さらなる普及が見込まれているのです。

ますます拡大していくだろう新しいサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 
▲ページの先頭へ
大手決済代行5社のサービス比較ナビ