決済代行会社徹底比較サイト » 決済代行に関するQ&A » ネットバンキングを利用した決済代行

ネットバンキングを利用した決済代行

近年、ネットバンキングの利用者は個人だけに限らず企業にも増えています。また、決済代行サービスでもネットバンキングを導入している業者は多いです。ここでは、そんなネットバンキングについて、よくある質問をQ&Aで紹介します。

Q.ネットバンキングってどういうものですか?

A.銀行が店舗で取り扱っている様々な取引やサービスを、インターネットを介してどこでも行うことができるものです。

自宅や会社にいながら振込や残高照会ができるため「銀行の店舗やATMに行く時間がない!」という人にとっては、非常に便利なシステムでしょう。

ネット環境があればどこでも利用できるので、パソコンだけでなく、スマホや携帯で使うこともできます。

その他にも、定期預金や外貨預金にも対応しているなど多くのメリットがあることから、近年利用者は増加し続けているようです。

Q.ネットバンキングを利用するには?

A.利用したい銀行の口座を持っていれば、申込書を記入するかネットで登録するだけです。

申し込みをしてから数日後に、利用ガイドが送られてくるので、ガイドに沿ってログインし、初期設定をすれば使えるようになります。

セキュリティには各銀行とも力を入れているので、過度に心配する必要はありませんが、パスワード管理は怠らないようにしましょう。

もしネットバンキングを開設したい銀行に口座を持っていない場合は、口座がないと登録できないので、まずは新しく口座を開設してから、ネットバンキングに申し込みましょう。

Q.決済方法にネットバンキングを導入する利点は?

A.ネットバンキングは決済スピードが速いです。

ほぼリアルタイムで入金の確認がとれるので、商品発送までの流れを素早く行うことができます。またセキュリティや金銭管理の面でクレジットカードの使用を避けている層の取り込みにも繋がるでしょう。

近年、ネットバンキングを取り入れている決済代行サービス会社は非常に増えています。ここに紹介しているウェルネットやペイジェント、DSKなどなど、この他にも多くの会社が取り入れています。

これからも利用者は増加すると見込まれているので、決済方法の選択肢に検討してみてはいかがでしょうか。

Q.電子マネーやWEB決済との違いは?

A.ネットバンキングと、電子マネーやWEB決済は全くの別物です。

支払い方法には、「電子マネー、WEB決済、ネットバンキング決済」などと並べられていますが、これらは全くの別物です。

ネットバンキング決済が、銀行口座の残高を使って決済をするのに対し、電子マネーは「Edy」や「PASMO」などの電子マネーを使って決済します。また、WEB決済は、WEB上でクレジットカード情報をもとに決済する方法です。

どれもキャッシュレスという点では同じですが、方法としては大きな違いがあります。

審査が厳しい!?クレジットカード決済を導入するならこちら

審査が厳しい!?クレジットカード決済を導入するならこちら

ページの先頭へ