決済代行会社徹底比較サイト » 決済代行に関するQ&A » ネットショップの決済代行

ネットショップの決済代行

ネットショップの開業・導入をお考えの人は、決済方法を重視しましょう。その理由は、ユーザーが商材に興味を持ったとき、「決済」こそが最大のハードルと言えるからです。ここでは、ネットショップの決済代行によくある質問を紹介していきます。

Q.ネットショップの決済はどのような方法がありますか?

A.ネットショップは、実店舗ではなく、インターネット上で取引を行います。

支払方法は、以下の5種類が挙げられます。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済
  • ネットバンク決済
  • 銀行振り込み決済
  • 代金引換

主に上記の方法で、ネットショップは決済を行っています。顔を合わせた取引ができないため、実店舗のように商品と代金を直接引き換えることができません。したがって、決済時に第三者が介入し、代金と商品のやり取りを行ないます。

最近では、ネットショップによる取引のトラブルが目立ち、第三者が取引の安全性を保障するエスクローサービスというものが出てきています。

Q.ネットショップで最も適切な決済方法は何ですか?

A.残念ながら、最も適切と言える特定の決済方法がない状況です。

ネットショップの利用者は、それぞれ違った手続きを行っています。ある人はクレジットカードを使い、ある人は銀行振込みを希望するなど、ユーザーが利用する方法はさまざまです。

このような状況だからこそ、事業者側はより多くの方法を提示する必要があります。多くのユーザーを獲得するためには、間口を広げる必要があるでしょう。

しかし、クレジットカード決済にしても、カード会社一つひとつと契約しなければなりません。また、コンビニ決済も同じように、取り扱えるコンビニ一つひとつと提携していると、いくら時間があってもきりがありません。

そこで、決済代行会社を利用するメリットが生まれるのです。代行会社に依頼すれば、より多くの決済方法を導入し、網羅することができます。

さらに、どの手続きでも一括して管理することが可能です。決済代行会社が代わりに代金を取りまとめてくれるので、事業者側は代行会社とのやり取りだけで完結します。

Q.ネットショップの決済代行を依頼する際、どの決済代行会社がいいのでしょうか?

A.決済代行会社ごとに、利用料金や取り扱える決済方法が異なるので、事前に詳細を把握しておく必要があります。

幅広く取り扱いを行っている会社の一つに、ウェルネットが挙げられます。提携しているカード会社やコンビニ、銀行も多く、電子マネーやキャリア決済も導入しています。

またペイジェントは、銀行などの金融機関を通した取引にオススメです。この会社では「仮想口座方式」を採用しています。取引ごとに仮想口座を作ることで、振込みができる仕組みです。

コンビニ決済の先駆者である電算システムは、全国46,000店以上のコンビニを窓口にしています。さらに代金の支払いでは、必要な「振込票」を作成・郵送する代行サービスも実施しています。

このように、それぞれの会社によって特徴があるため、導入の際はしっかりと検討しておきましょう。

審査が厳しい!?クレジットカード決済を導入するならこちら

審査が厳しい!?クレジットカード決済を導入するならこちら

ページの先頭へ