決済代行会社徹底比較サイト » 決済代行に関するQ&A » 電子マネーを利用した決済代行

電子マネーを利用した決済代行

近年、日常生活にすっかり定着した電子マネー。交通機関と連携したものが増えたことから、ぐっと利用者も増えました。決済代行サービスでも導入事例が増えています。ここでは電子マネーについて、よくある質問をQ&Aで紹介します。

Q.電子マネーってどういうものですか?

A.その場で現金を支払うのではなく、お金の価値をもったデータをやり取りすることで売買が成立するものです。

タイプは3パターンあり、決まった金額のプリペイド方式のカードを購入する方法、自分のカードにお金をチャージする方法、使用データをもとに後払いする方法に分かれます。

Q.電子マネーにはどのような種類がありますか?

A.大きく分けて、前払い式の「プリペイド」と後払い式の「ポストペイ」に分かれます。

プリペイド式は、自分のカードに予めお金を入金しておき、その金額の範囲でなら、カードや携帯を専用の機器にかざすだけで支払いができるというもの。現在広く普及しているのは「Edy」や「Suica」でしょう。

その他「仮想マネー」と言われる、所定の金額をコンビニなどで支払うことで、その金額に応じたポイントをネット上で使用できるものもあります。「ウェブマネー」や「ビットキャッシュ」などがそれに当たります。

Q.電子マネー決済でよくあるトラブルを教えてください。

A.いくつか考えられるトラブル事例を紹介します。

まず挙げられるのは、顧客が利用したい決済方法が使えないという場合。電子決済サービスを導入していも、数ある電子マネー全てが使えるようになるわけではありません。

「Edy」に対応していても、「PASMO」などの交通系の電子マネーには対応していないということもあります。どの電子マネーの利用者が多いかを予想して、導入するものを選ぶ必要があります。。

次に、電子マネーで決済した後、返金対応が発生するという場合。現金なら簡単に返金することができますが、電子マネーの場合手続きに手間がかかり、トラブルになってしまう場合があります。

電子マネーで決済した場合、一度決済が完了してしまうと電子マネー上で返金することはできません。そのため、支払われた分を現金で返金するというのが一般的です。導入前に、返金対応の流れをしっかり確認しておく必要があります。

たくさんの電子マネーが普及している現在、電子決済サービスはとても便利ですが、現金決済とは異なるトラブルが発生する可能性があります。トラブルを起こさないよう、またトラブルが起きてしまった時スムーズに対応できるよう、あらかじめ準備しておくことが大切です。

審査が厳しい!?クレジットカード決済を導入するならこちら

審査が厳しい!?クレジットカード決済を導入するならこちら

ページの先頭へ