大手決済代行5社のサービス比較ナビ
大手決済代行5社のサービス比較ナビ

ECサイトの売上アップにつながる決済代行を選ぶ

  • トップページ
  • 決済代行の導入・見直しポイント
  • おすすめ決済代行会社のサービス一覧
  • クレジットカード決済代行の基礎知識
  • コンビニ決済代行の基礎知識
決済代行サービス比較ランキング HOME » コンビニ決済代行の基礎知識 » 導入のメリット

おすすめ決済代行サービスを大比較

『大手決済代行5社のサービス比較ナビ』は、
評判の高い大手決済代行会社のサービスを、
客観的に比較しています。
各社の特徴を見比べて、顧客のニーズに
しっかり対応できるサービスの導入に
役立ててください。

決済代行会社の総合ランキング

導入のメリット

ユーザーの支払い方法の選択肢として、コンビニ決済代行を導入するメリットとは、一体何でしょうか?ここでは、コンビニ決済(コンビニ収納)の特徴や、利用しているユーザー層を紹介します。

コンビニ決済代行(コンビニ収納代行)導入のススメ

事業者側から見たコンビニ収納・コンビニ決済のメリット

ネット上で決済が完了しない代表的な決済方法としてコンビニ決済があります。利用者が商品を注文後に代金の支払いをコンビニで行うものです。

コンビニ決済には大きく分けて2種類あります。

1つは商品と一緒に払込票が送られてきてそれを使って支払いする方法です。もう1つは商品購入時に受付番号が発行され、それをコンビニのレジで伝えるか、コンビニの端末に入力して支払うペーパーレス方式です。

払込票は物販には向いていますが、それ以外ではペーパーレスの受付番号方式が主流になりつつあります。

物販からコンテンツ販売まで幅広く利用可能なので業種・業態は選びません。利便性の良さから、税・公共料金などの支払方法として多くの自治体でも採用されています。

コンビニ決済の優れた点は、支払い時間を気にしなくてよいところです。金融機関では取引時間に限りがあり、休日は営業していないため、うっかりしていると支払期限に遅れてしまうことがあります。

その点、コンビニは24時間営業なので、休日しか時間をつくることができない会社員の人でも気軽に利用できます。

コンビニ決済代行の仕組みと流れ

コンビニ決済導入にあたっては、申込み後に各コンビニエンスストアの承認を得る手続きがあります。承認が完了したらテスト環境でシステムの動作を確認し、問題がなければサービスをスタートすることができます。

コンビニ決済導入で獲得できるユーザー層

クレジットカードを所有していない若年層や、クレジットカード決済に抵抗のある購入者、女性にも人気の決済サービスなので、事業者はコンビニ決済代行を導入することによって、男女を問わず10~60代くらいまでターゲット層が拡大することができます。

 

コンビニ決済以外でネットで支払完了しない決済方法

コンビニ決済以外でネットで支払完了しないものには、ペイジーや銀行ATM支払いがあります。

ペイジー

ECサイトで支払い手続き後に通知される「お支払番号」をメモして銀行ATMに持っていき、番号を入力し支払う決済方法です。1つの支払番号でペイジー対応のどの銀行ATMでも支払い可能で、仕組みとしてはペーパーレスのコンビニ決済と似ています。但し、銀行ATMが使用できる時間帯に限られます。

銀行ATM支払い

ECサイト指定の銀行口座に振り込む支払い方法で、ネットショッピング黎明期から利用されてきました。商品代金とは別に振込手数料が発生するのと、銀行振込ができる時間帯でしか利用できないのが短所です。事業者側では入金確認作業や照合作業が必要ですが、最近では事業者に自動通知を行うシステムの導入も進んでいます。

 
▲ページの先頭へ
大手決済代行5社のサービス比較ナビ