大手決済代行5社のサービス比較ナビ
大手決済代行5社のサービス比較ナビ

ECサイトの売上アップにつながる決済代行を選ぶ

  • トップページ
  • 決済代行の導入・見直しポイント
  • おすすめ決済代行会社のサービス一覧
  • クレジットカード決済代行の基礎知識
  • コンビニ決済代行の基礎知識
決済代行サービス比較ランキング HOME » おすすめ決済代行会社のサービス一覧 » ウェルネット

おすすめ決済代行サービスを大比較

『大手決済代行5社のサービス比較ナビ』は、
評判の高い大手決済代行会社のサービスを、
客観的に比較しています。
各社の特徴を見比べて、顧客のニーズに
しっかり対応できるサービスの導入に
役立ててください。

決済代行会社の総合ランキング

ウェルネット

ウェルネットロゴ

  • 会社名:ウェルネット株式会社
  • 所在地:東京都千代田区内幸町1-1-7 NBF日比谷ビル26F
  • 設立:1983年4月
  • 株式:公開(東証一部上場)
  • その他:資金移動業者登録済み

収納代行のパイオニア企業によるマルチペイメントサービス

マルチペイメントサービス

ウェルネットはペーパーレス決済のマルチペイメントサービスをメインに、「送金サービス」「コンビニ収納代行サービス」「ケータイエチケットサービス」「電子認証」など、様々なサービスを用意している決算代行会社です。

1983年の設立以来着実に業績を伸ばし2004年12月にジャスダック上場、2014年2月には東京証券取引所第二部に市場を変更。さらに2014年12月には東京証券取引所第一部に変更と、企業としての信頼性がとても高い会社です。

マルチペイメントサービスでは、クレジットカード決済、コンビニ決済、ATM支払い、ネットバンク決済、電子マネー決済に対応、1つのサービスで様々なペーパーレス決済手段を選べるメリットがあります。今後はキャリア決済にも対応を予定しており、カバーできる決済方法は拡がる一方です。

番号を振り出して支払いを行うペーパーレス形式の決済代行サービスの基は、ウェルネットが開発したもので、GMOペイメントゲートウェイやペイジェントなど同業他社にもOEM提供される実力を持つ洗練されたシステムとなっています。

システムの接続に関してはウェルネットが情報授受用モジュールを無償提供。さらに最新の決済システムの開発、対応はウェルネットが行うため、都度のシステム開発が不要で開発コストを大幅に軽減することができます。

なお、決済サービスを利用した場合の収納金の入金サイクルは、締め日から翌9銀行営業日目に精算となっており、コンビニ決済の場合は最大月3回の入金が可能です。

返金・送金業務をミスなくスムーズに行う送金サービスも

送金サービス

決済サービスだけでなく送金サービスも充実しており、ウェルネットとの接続のみでコンビニ現金受取も銀行振込みも可能になります。

コンビニ現金受取サービスでは11桁の現金受取番号を発行し、顧客はその番号でコンビニ(ローソン)の端末を操作し、入力した金額と合っているか確認後、申込券をレジに提示するだけで現金を受け取れます。

銀行振込みの場合は、顧客がウェルネット提供の口座入力画面に口座情報を入力するシステムになっているため、事業者側で口座情報を保持する必要はありません

入力された口座情報はウェルネットと銀行間で照会され、銀行営業時間内であれば当日振込みも可能です。

この送金サービスを利用すれば、事業者は顧客の口座番号を確認したり、組み戻しなどの作業も発生しないため、返金などの必要が生じた場合でも業務に支障が出ることなくスムーズに処理を完了することができます。

ウェルネットの対応決済手段

  • クレジットカード決済(VISA、JCB、MasterCard、Diners Club AMERICAN EXPRESS ※すでに契約しているカードはそのまま利用)
  • コンビニ決済(ローソン、セブン・イレブン、サークルK/サンクス、ミニストップ、ファミリーマート、セイコーマート、デイリーヤマザキ、スリーエフ)
  • ATM支払い(ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、東京三菱UFJ銀行、りそな銀行他、ペイジーに対応している金融機関41,000台)
  • ネットバンク(ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行など約2,000銀行)
  • 電子マネー決済(楽天Edy、iD、Suica)
  • キャリア決済(近日導入予定)

セキュリティ

プライバシーマーク取得、ISMS認証取得。
またクレジット決済時には3Dセキュア認証にも対応しています。

サポート体制

24時間(年中無休)の有事監視と自社のコールセンターでサポートを行っています。

実績(企業名)

全日本空輸、日本航空、AIRDO、スターフライヤー、高速バスネット、ハイウェイバスドットコム、京浜急行、Amazon、Yahoo!Japan(Yahoo!ショッピング)、楽天オークション、Google、阪急百貨店、東急百貨店、近鉄百貨店、関西電力、中国電力、中部電力、九州電力、シャープ、ディノス、ソフマップ

利用企業の声

  • これまでバス乗車券は窓口販売が主でしたが、ウェルネットの電子決済サービスを導入してからホームページで予約・購入ができるようになり、コンビニ支払の増加で窓口での対応軽減につながりました。
     
  • チケットのプレイガイドでの販売は汎用性が高い一方、サービスに物足りなさを感じていました。そこで、電子チケットと電子認証で評判の良いウェルネットでクレジットカード決済を導入。座席の選択から、お支払いまでが簡単でスムーズという嬉しい声をいただくようになりました。
     
  • 巨大ショッピングモールを運営する中で、お客様からクレジット決済だけでなくコンビニ決済の強い要望があり、導入に踏み切りました。様々なニーズに対応でき、経済的にも有利な条件を提示していただいたのが決め手です。ウェルネットもコンビニ同様24時間体制のサポートを続けている点がよいと思います。
 
▲ページの先頭へ
大手決済代行5社のサービス比較ナビ