決済代行会社徹底比較サイト » 決済代行サービスの基礎知識 » 決済代行サービスの仕組み

決済代行サービスの仕組み

今や多くの業者やショップで利用されている決済代行サービス。その仕組みは一体どのようになっているのでしょうか。ここでは、サービスの仕組みや代行会社の役割を説明したいと思います。

気になる決済代行サービスの仕組みとは

決済サービスの流れを解説すると、ユーザーが一時的に代行会社に代金を支払い、受け取った代金をまとめて代行会社が事業者に入金するのが一般的です。

複数のユーザーが支払ったお金を代行会社が取りまとめることで、事業者はまとめて代金を受け取ることができます。

この時、ユーザーが代行会社に支払う方法は何通りもあります。分かりやすいものだと、クレジットカード払いや振込み、コンビニ払いが当てはまります。それらのニーズに答えるため、支払方法の間口を広げることが決済代行サービスの特徴です。

また、事業や商材によって、決済手続きが異なる場合があります。そのときは希望に応じて、制限することができます。例を挙げると、企業向けの商材やサービスをメインとする場合、クレジットカードを利用する会社は少ないはずです。そのときは、クレジットカード決済を止め、銀行振込みのみに変更するといいでしょう。

支払方法は事業者側でカスタマイズし、管理を行えるのもサービスの一つです。さらに事業者は情報保護にかかるコストを削減できる上、利用者は複数の選択肢の中から、ベストな取引が行えるのです。

決済サービスに求められるもの

インターネットでの売買が盛んに行われるようになり、ユーザーは取引手続で困ることがほぼなくなりました。その結果、あらゆる決済方法にユーザーが分散しています。そのため、自分に合うものでなければ取引の成功率がぐんと下がってしまう傾向にあるとも言えるでしょう。

普段からクレジットカードを利用している人は、銀行振り込みやコンビニ払いは面倒だと感じるはずです。また、振込みの支払いに慣れている人は、クレジットカードを使うことに抵抗があるでしょう。選択肢が増えたことで、ユーザーは自分に合わないものに手間を感じてしまうわけです。

せっかくの機会を逃さないためにも、スピーディーな取引を促進させることが決済代行サービスに求められています。

決済代行会社の仕事とは

取扱いの決済方法を増やす」業務を中心に、代行会社は仕事を行っています。決済に特化した事業であるからこそ、複数の銀行やクレジットカード会社などと提携し、日々チャンネルを増やしているのです。

この努力のおかげで、サービスを利用する事業者の支払い窓口が広がり多くの受注につながります。また、預かった顧客情報や入金情報をしっかりと保護する役割も担っています。

情報の管理には、頑丈なセキュリティが必要になる分コストがかかります。会社として情報を管理する以上、責任を持って保管しなければなりません。絶対に漏えいしないよう、十分なセキュリティシステムを完備しデータを守っているのです。

導入までの流れ

決済代行を導入するまでの基本的な流れは以下の通りです。

1、決済代行会社に問い合わせ・見積り依頼
2、申し込み・申請書類の提出(クレジットカード会社への申請書、登記簿謄本(個人事業主様の場合は、身分証明書)など
3、クレジットカード会社の審査
4、システム導入、サービス開始

決済代行サービスを導入するためには、まず個別の見積もりが必要です。その後、導入するサービスに合ったプランを決定。必要書類を提出することで、各クレジットカード会社への審査依頼が可能になります。

クレジットカード会社への審査依頼は、決済代行会社が一括で対応。無事審査に通過したところで、システムの導入という流れになります。

審査が厳しい!?クレジットカード決済を導入するならこちら

審査が厳しい!?クレジットカード決済を導入するならこちら

ページの先頭へ